自律神経失調症

こんな自律神経失調症の症状でお悩みではございませんか?

  • 肩や首が凝って集中力が続かない
  • 疲れやすく、身体がだるく感じる
  • 胃腸の調子がよくない
  • めまいや耳鳴りがする
  • イライラしたり不安感を強く感じる
  • 頭痛や頭が重く感じる

なぜ、あなたの自律神経失調症は今まで改善しなかったのか?

薬だけでは根本改善にならないからです

薬で自律神経失調症は改善されません。
自律神経失調症は、めまいや頭痛や胃腸の不調、動悸や息切れなど、さまざまな症状がでます。
薬はその症状を良くする効果ではなく、一時的に症状を抑えるだけですので楽にはなりますが、薬の効果が切れたらまた辛い症状がでる・・・その繰り返しになります。
なぜ、自律神経のバランスが崩れたのか、なぜ、頭痛やめまいが起こるのか?
その根本的な原因を見つけ対処していかなければ、症状が長く続いたり、さらに悪化することもあります。

 

そもそも自律神経失調症の原因とは?

ほんの些細なことがきっかけで自律神経が乱れてしまいます。

自律神経失調症はよく、原因がわからないものやストレスが原因と言われることが多いですが、元々の体質や年齢によるホルモンの変化など人により様々です。
例えば、ちょっとした関節のズレや猫背など姿勢の悪さが原因なこともよくあります。
私たちの身体はとても絶妙なバランスで維持されています。
ほんの些細な骨のズレ等が長年続くと痛みだけでなく、さまざまな症状を引き起こす原因にもなります。
些細なズレから筋肉が硬くなっていき、痛みが出る。
その痛みが長く続くとストレスになり、自律神経のバランスが乱れるということもあります。

 

なぜ、当院の施術で自律神経失調症が改善するのか?

全身のバランスを整えることで、不調が起こる根本的な原因に働きかけるからです

症状が様々なように、原因も多様にあります。
当院は、頭痛や胃腸の不調などが起こる根本的な原因はどこなのか、なぜ神経の働きのバランスが崩れてしまったのかを、しっかりお話を伺い、姿勢や筋肉の状態をチェックしていき、全身のバランスを診ていきます。
筋肉をほぐし、姿勢のバランスを整えるのに、なぜ頭痛やめまい、胃腸の不調が改善されていくのかというと、自律神経には「体性内臓反射」という反射があり、これは皮膚からの刺激が脳へと伝わり、脳から自律神経に働きかけ、内臓の働きを調整する反射のことをいいます。
お腹が痛いのに背中が痛くなったり、肩や腰が痛くなったりするのは、この逆で内臓の影響が筋肉や関節の痛みとして現れているからです。
筋肉の緊張をとり血流を良くすることで、自律神経にも影響を与えることができるのです。

 

なかなか改善しない自律神経失調症に悩む方へ

自律神経は自分で意識していない中で働いてくれている神経なため、何もせず症状が改善していくことはとても難しいものです。
症状を一時的に抑えるのではなく、心身共にしっかり会話しながら一緒に症状を改善していきましょう。