脊柱管狭窄症

こんな脊柱管狭窄症の症状でお悩みではございませんか?

  • 両足、片足に痛み・しびれが出る
  • 長時間座っていると痛みが強くなったりしびれたりする
  • 歩いていると痛み・しびれが出てくるが、少し休むと落ち着く(間欠性跛行)
  • 腰を反らすと腰や太ももに痛みが出る
  • 腰回りの張や重だるさがある
  • 足に力が入りにくい

なぜ、あなたの脊柱管狭窄症は今まで改善しなかったのか?

脊柱管狭窄症に対する根本的治療ができていなかったからです。

そもそも何故今まで改善しなかったのか、何故痛みや痺れがでてきたのか、立位時の姿勢や歩行時の姿勢などの全身の骨格のバランスを見る必要があります。
病院や整形外科などでは、消炎鎮痛薬、筋弛緩剤などの薬物療法、患部をホットパックや電気電気治療で温めて血液循環を良くして痛みをが和らげる温熱療法があります。
または腰を牽引器で牽引する牽引治療や超音波や低周波などの通電療法、神経ブロックで神経を麻痺させて痺れや痛みを抑える治療法などがあります。
しかしそれだけでは根本的な治療にはならず、また痛みをぶり返したり、痺れも再発しやすく、かえって症状が悪化する場合もあります。

 

そもそも脊柱管狭窄症の原因とは?

筋力の低下や筋肉の収縮による身体のバランスの崩れが原因です

脊柱管とは背骨を形成する骨の穴が上下に連なってできたトンネルです。
そのトンネルには血管や神経が通っています。
老化などにより脊柱管が変形し、トンネルが狭くなってしまい、神経が圧迫を受け血流が低下して起こってしまいます。
若いときに重労働や重たいものを持つ職業で無理をしたり、長時間運転する方やスポーツを長期間続けていた方は、加齢によりなりやすくなります。

 

なぜ、当院の施術で脊柱管狭窄症が改善するのか?

根本的な原因を見つけだし治療できます!

脊柱管狭窄症は、筋力の低下や筋肉の収縮によって身体のバランスが崩れ、脊柱管のトンネルが狭くなっています。
ほぐしでは身体を支える筋肉、背中・おしり・お腹、骨盤に関与する足・腰回りの筋肉をしっかり緩めていきます。
筋肉がかたくかたまっている状態では筋肉の許容量がオーバーするため、筋肉をつけようとしても筋肉がつきにくくなっています。
なのでまずは筋肉をときほぐし、しっかりバランスをとった上でストレッチ、トレーニングを指導させて頂いています。
症状によってはバランス調整だけでなく、鍼灸治療なども取り入れて施術していきます。

 

なかなか改善しない脊柱管狭窄症に悩む方へ

あなたはその症状、根本的治療できていますか?
脊柱管狭窄症でお悩みの方、まずはご相談ください!