顎関節症

こんな顎関節症の症状でお悩みではございませんか?

  • あごが痛い
  • あごを動かすと音が鳴る
  • 口を大きく開けられない
  • 物を噛むとあごが痛い
  • 朝起きると首が痛い
  • 頭痛がよく起こる

一度受診することをおすすめします!

声原稿

お客様の写真

口を開けたり閉じたりするときに、アゴがガクッとずれてしまいます。
そのため、口を大きく開く必要のあるハンバーガーなどを食べるとき、とても困っていました。

 

顎関節症の仕組みや原因、治療法などをネットで調べ、症状の改善に向けて効果的だと思った方法を自分なりに考え行っていましたが、
あまり変わらなかったです。

 

 

「顎関節症 治療 広島」で検索すると、こちらのホームページがあったので、そこから知りました。
治療前に比べて、口を開け閉めするのがとても楽になりました。
ハンバーガーも食べれるようになりました!

 

 

一度受診することをおすすめします
先生に直接診てもらい、指導を受けることが一番症状の改善につながってくる思います。

 

 

K・I様 20代 大学生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

痛みのある場所が原因では無いからです!

例えば薬で痛みを抑えたり、マウスピース装着による骨格矯正や整体、痛みの伴うマッサージ、または噛み合わせ矯正などの様々な治療法を受けたとします。

しかしそれでは根本的な治療にならないため、改善の見込みが感じられなかったり、どこへ行っても治らず痛みが続いたり、かえって痛みが強まったというケースがあります。
例えそれらの治療で痛みがなくなったとしても、また痛みの再発を引き起こしたりすることもあります。

 

では、そもそも顎関節症の原因とは?

噛み合わせだけが原因ではありません!

顎関節症には様々な原因があります。
例えば日常生活の中で、肉体労働や仕事に集中している時に無意識に行っている「くいしばり」や主に就寝時に起こっている「歯ぎしり」などの癖がある方は、あごの筋肉を常に緊張させて、顎関節に負担がかかっています。
その他にも仕事や家庭などにおけるストレス、左右どちらか一方で噛む癖なども影響があります。
このような生活習慣の中での要因の積み重ねが顎関節にダメージを与え、発症するきっかけになります。

 

なぜ、当院の施術で顎関節症が改善するのか?

あごの歪みだけでなく、全体の姿勢を見て根本的治療をします!

まず立つ姿勢を見て、首が前へ出ていないか(ストレートネック)背中が丸まったりしていないか(円背)肩の左右どちらかが下がっていないかなど、身体全体のバランスを見ていきます。
歪みがある場所は筋肉が固まっていることが多いので、筋肉をほぐし、全身の骨格のバランスをとっていきます。
そして顎関節周辺の筋肉(咀嚼筋・噛む筋肉)や顎関節のズレも調整した上で、ご自宅でも出来るセルフケア、簡単な顎関節を動かす体操なども指導させてもらっています。
症状によっては鍼灸治療も取り入れ、施術を行っています。

 

なかなか改善しない顎関節症に悩む方へ

私たちは日常生活における顎関節症の根本的な原因を見つけ、治療していきます!
顎関節症でお悩みの方、まずはご相談ください!