坐骨神経痛の原因から症状改善まで徹底解説!!広島市西区はぴねす鍼灸整骨院中広院

こんにちは!

 

広島で唯一の【膝痛・腰痛専門院】
はぴねす整体院です。

 

いつもブログをご覧になって頂き
本当にありがとうございます。

本日のテーマは

「坐骨神経痛の原因から
症状改善まで徹底解説!」

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛は、病名ではなく症状です。

 

腰から足にかけて走行する「坐骨神経」が
圧迫・刺激されることで現れる、
痛みやしびれなどの症状を言います。

多くは腰痛から始まり、
お尻や太ももの後ろ側、
すね、足先などに
痛みやしびれが現れます。

坐骨神経痛の原因

腰椎椎間板ヘルニア
椎間板とは、
脊柱を構成する椎骨と椎骨の間で
クッションのような役割をし、腰がスムーズに
動くようサポートしている組織です。

 

この椎間板の髄核が飛び出す症状を
「椎間板ヘルニア」と言い、
腰椎の間にある椎間板に起こったものを
「腰椎椎間板ヘルニア」と言います。

 

腰部脊柱管狭窄
(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)
腰部脊柱管狭窄症は、
生まれつき狭い傾向にある脊柱管が、
加齢による腰椎や椎間板の変性などが加わり、
さらに狭くなることで神経が圧迫されて
起こるとされています。

 

梨状筋症候群
(りじょうきんしょうこうぐん)
坐骨神経は、人体のなかでも一番長く太い神経で、
お尻から足の指先にまでおよびます。

 

梨状筋の間を坐骨神経が通ると
言われています。

 

そのため、
長時間立ちっぱなしや座りっぱなしで
周囲の筋肉と坐骨神経が圧迫されると
坐骨神経が刺激されて
引き起こすことがあります。

 

このような状態を
「梨状筋症候群」と呼びます。

下半身の広い範囲で神経痛を
引き起こします。

 

梨状筋はお尻にある筋肉です。

 

立ちっぱなしで梨状筋を使いすぎたり、
座りっぱなしで梨状筋が圧迫されて
かたくなると梨状筋の下を通る
坐骨神経が圧迫され、
痛みやしびれが起こるのです。

 

そのほか、坐骨神経痛の原因には、
脊椎や骨盤の腫瘍、
帯状疱疹、
糖尿病など、
さまざまな原因があります。

 

健康な痛みがない人でも
腰椎椎間板ヘルニアや
腰部脊柱管狭窄症は存在するので
これらは直接的な原因ではありません。

 

併用している可能性は高いですが
ほとんどの坐骨神経痛は
梨状筋症候群と考えてます。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛のなかでも、
とくに中高年の方に多くみられる症状としては、
お尻、太ももの後ろ側、
すねなどの痛みやしびれがあります。

 

その症状は、足の一部分だけに
みられる場合もあれば、
足全体に強く感じる場合もあります。

坐骨神経痛を改善させる3つのポイント

その① 梨状筋のストレッチ

梨状筋の緊張によって
坐骨神経痛が引き起こされているのであれば
梨状筋のストレッチを行うと
改善が見込めます。

 

原因が他の腰椎椎間板ヘルニアや
腰部脊柱管狭窄症であったとしても
痛みをかばうために
梨状筋は緊張しています。

 

梨状筋のストレッチ
腰痛や足の痛みがある際に有効なので
ぜひ、やってみてくださいね。


その② 梨状筋のマッサージ

ストレッチと同様に
梨状筋のマッサージは
梨状筋を柔らかくして
坐骨神経の圧迫を軽減させます。


その③ 骨盤の柔軟性をだす

腰椎椎間板ヘルニアや
腰部脊柱管狭窄症、
梨状筋の緊張は
骨盤の歪みや傾きが
大きく影響していきます。

骨盤エクササイズで
仙腸関節の柔軟性を出して
骨盤が動きやすい状態になると
坐骨神経痛などの
足の痛みやしびれが軽減していくので
ぜひ、やってみて下さいね。

 

今日は以上です。

 

本日もブログを最後までご覧頂き
本当にありがとうございます。

 

では、次回もお楽しみに~☆




PS:腰痛でお悩みではありませんか?
↓↓↓↓
詳しくはこちら

 

広島から膝痛・腰痛をなくし

健康寿命を延ばす専門院

 

はぴねす鍼灸整骨院

〒733-0012

広島市西区中広町2-20-10

TEL/FAX 082-295-7717

駐車場3台完備

 

中広通り沿い

ソフトバンクさん向かい

広島信用金庫さん向かい

 

詳しくはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

はぴねす公式ホームページ

はぴねすFacebook

はぴねすエキテンサイト

症状について詳しくはこちら

ヘルニア・坐骨神経痛

関連記事