交通事故に遭ってしまった時の対応!広島市西区はぴねす鍼灸整骨院中広院

こんにちは!

 

広島で唯一の【膝痛・腰痛専門院】
はぴねす鍼灸整骨院です。

 

いつもブログをご覧になって頂き
本当にありがとうございます。

今回は
交通事故に遭ってしまった時の対応を
お伝えしていきたいと思います。

①安否の確認

必ず被害者・加害者ともに
まず安否の確認を行ってください。

 

それから、
後方からの追突などの2次的損傷を
防ぐために車が動かせそうであれば
路肩に停車させてください。

②身元の確認

被害者・加害者ともに
免許証や自賠責保険証で
身元の確認を行い
名前、住所などをメモし、
後日連絡が取れるようにして下さい。

③警察に連絡

必ず、警察に連絡をして
現場検証を行ってください。

事故の場所、時刻、車の台数、
負傷者の人数など
なるべく詳しく警察に伝えて下さい。

 

現場検証をして
「人身事故」として取り扱わないと
交通事故治療を受けることができないので
忙しくて時間がなくても現場検証を
必ず行ってください。

 

【参考】交通事故での物損事故と人身事故の決定的な違い

④119番(救急・消防車)

けが人が動けない状態や
頭を強く打っている場合があるので、
自己判断をしないで
すぐさま119番通報してください。

 

その際、
負傷者の状態をできるだけ細かく
救急隊員に伝えて下さい。

意識はあるのか?
呼吸はしているのか?
出血があるのか?

 

また、車の状態も伝えて下さい。

車のボンネットから煙は出ていないか?
ガソリンは漏れていないか?

 

負傷者の状態を伝えることによって
救急車到着から応急処置までを
スムーズに行うことができます。

 

車の状態を詳しく伝えることによって
消防車の種類や台数などを判断する
材料となります。

⑤保険会社に連絡

加入している任意保険会社に連絡して
交通事故に遭った旨を伝えてください。

⑥整形外科を受診

事故当時、救急で整形外科を
受診されていない方は
保険会社に整形外科を受診する旨を
伝えて診断書を作成してもらう。

 

この際、
痛みがあるところや
違和感がある部位を
しっかり医師に伝えて
診断書に記載してもらいましょう。

 

整骨院では
診断書に記載されている部位しか
保険請求できないので
本来受けたい治療が
受けれなくなってしまいます。

⑦警察に診断書を提出

警察に診断書を提出し
人身事故の届出をしてください。

 

この手順で行うと
スムーズに交通事故の治療が
受けられるようになります。

 

交通事故に遭った時点で
はぴねす鍼灸整骨院に連絡して頂ければ、
整形外科の紹介やその後の対応を
詳しくお伝えいたします。

 

今日は以上です。

 

本日も最後までブログをご覧頂き

本当にありがとうございました。

 

【関連ブログ】

広島でむちうち治療と言えば

交通事故治療で通院できる期間や通院ペースはどのくらいがいい?

交通事故治療は整骨院で認められない?

整骨院での交通事故治療は保険適応なの?

 

 

PS:交通事故でお困りでは
ありませんか?
↓↓↓↓

詳しくはこちら

広島から膝痛・腰痛をなくし

健康寿命を延ばす専門院

 

はぴねす鍼灸整骨院

〒733-0012

広島市西区中広町2-20-10

TEL/FAX 082-295-7717

駐車場3台完備

 

中広通り沿い

ソフトバンクさん向かい

広島信用金庫さん向かい

 

詳しくはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

はぴねす公式ホームページ

はぴねすFacebook

はぴねすエキテンサイト