鍼灸はどんな症状に効果がありますか?

まず頚腕症候群、五十肩、リウマチ、坐骨神経痛、腱鞘炎などの運動器系疾患です。 次に頭痛、術後疼痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛などの疼痛疾患です。 なおWHO(世界保健機構)で、臨床経験に基づいた鍼の適応となる疾患には、次のものがあります。

  • 運動器系疾患: 腰痛、頚腕症候群、肩関節周囲炎、五十肩、テニス肘、各関節炎、慢性関節リウマチ 頚椎捻挫後遺症、疼痛
  • 神経系疾患: 脳卒中後遺症、偏頭痛、頭痛、顔面神経麻痺、各種神経痛、末梢神経疾患
  • 消化器系疾患: 胃腸、腸炎、胃下垂、胃酸過多、食道噴門麻痺、横隔膜麻痺、十二指腸潰瘍、便秘下痢、麻痺性イレウス
  • 耳鼻咽喉系疾患: メニエール病、鼻炎、副鼻腔炎、扁桃炎
  • その他の疾患: 感冒、気管支炎、気管支喘息、夜尿症、小児喘息、急性結膜炎、中心性網膜炎、近視、白内障

さらに近年NIH(アメリカ国立衛生研究所)が疼痛緩和に対して鍼治療が効果的であると発表しました。