知らなかったら損!!お手軽エクササイズ

こんにちは!

 

広島から膝痛・腰痛をなくし

健康寿命を延ばす専門院

 

広島市西区中広の

【はぴねす鍼灸整骨院】藤東です。

 

 いつもブログをご覧になって頂き

本当にありがとうございます。

今回は
広島から膝痛・腰痛をなくし
健康寿命を延ばす専門院の藤東

「バランスボールの基本姿勢」を
お伝えしていきたいと思います。

バランスボールって?

バランスボールが柔らかくて丸いので
不安定です。

 

安定しているソファーだと
座っていても意識しないと
体幹に力が入りません。

 

バランスボールは座るだけで
自然にバランスをとろうとして
インナーマッスルが鍛えられます。

 

ただし、少し不安定で
転倒する可能性があるので
腰痛がひどい方は症状がある程度
改善してから行ってください。

 

よく腰痛になる方は腰痛予防になるので
一緒にやっていきましょう。

バランスボールの基本姿勢

まず、バランスボールに
座っていきます。

こぶし1つ膝と膝の間に入るくらい
足を開きます。

 

だいたい肩幅になる程度ですね。

 

つま先が真っすぐ前を
向くようにしてください。

 

足が外に開いて、
つま先が外を向いていると
骨盤がぶれてしまうので
気を付けて下さいね。

背中が丸くなったり
腰を反りすぎたりすると
腰に負担がかかってしまうので
真っ直ぐになるようにして下さい。

バランスボールが
硬すぎると股関節が90°以下に
柔らかすぎると股関節が90°以上に
なるので空気圧の調節をして
股関節が90°になるようにして下さいね。

 

この基本姿勢でテレビを見たりするだけでも
インナーマッスルが鍛えられます。

 

この基本姿勢をとるだけでも
しんどいと思うので
初めは5分から始めてみて
慣れてきたら10分・30分と
時間を伸ばしてみて下さい。

 

意識しないで座っていると
足が開いたりつま先が外を向いたりするので
気付いた時に姿勢を直してください。

 

良い姿勢で効率よく
インナーマッスルを鍛えるために
まずは基本姿勢が長い時間とれるように
毎日コツコツ頑張ってみて下さい。


今日は以上です。


本日も最後までご覧頂き
本当にありがとうございます。


では、また次回もお楽しみに~☆