股関節の静的ストレッチその①

こんにちは!

 

広島から膝痛・腰痛をなくし

健康寿命を延ばす専門院

 

広島市西区中広の

【はぴねす鍼灸整骨院】

藤東です。

 いつもブログをご覧になって頂き

本当にありがとうございます。

 

今日は
広島から膝痛・腰痛をなくし
健康寿命を延ばす専門院の藤東

 

『股関節の静的ストレッチ』を
お伝えしていきたいと思います。

静的ストレッチとは?

運動終了後に
息を整える意味だったりとか
身体を休める為に有効なのが
静的ストレッチです。

 

あとは、ストレッチなので
関節の動きを広げたり
筋肉の柔軟性が増していきます。

 

静的ストレッチはなるべく
横になって行ってください。

膝抱え

まずは、ももを上げるような体勢で
片方ずつ膝を抱えていきます。

反対の足は床から離れないように
して下さいね。

 

この時に、足の力ではなくて
必ず手で膝を抱えるようにして
下さいね。

 

深呼吸をしながら、
10秒くらいしっかり
伸ばして下さい。

ランジ動作

伸ばしたい足を後ろに引いて
反対の足を前に出して
膝を立てるようにします。

 

後ろに引いた足の膝は
床につけて下さい。

 

その体勢から腰を落として
体を前に押し出していきます。

 

すると、股関節の前の筋肉が
伸びている感じがわかると
思います。

 

運動後に
静的ストレッチを行うと
ケガの予防になるので
ぜひ、やってみて下さいね。

 

今日は以上です。


本日も最後までご覧頂き
本当にありがとうございます。


では、また次回もお楽しみに~☆