簡単!!自宅で腰痛改善セルフケア

おはようございます。

 

広島から膝痛・腰痛をなくし

健康寿命を延ばす専門院

 

広島市西区中広の

【はぴねす鍼灸整骨院】

藤東です。

 

今日も
広島から腰痛をなくし
健康寿命を延ばす専門院の藤東

 

腰痛改善に有効な

「もも裏のセルフケア」を

お伝えしていきたいと思います。

腰痛ともも裏の筋肉の関係性は??

ももの裏の筋肉は体の中でも
大きな筋肉になります。

 

モモの裏の筋肉が固くなってしまうと
太ももを通っている神経や血管が
圧迫されて
立っていたり座っていたりして
血流が滞ってしまいます。

 

血流が悪くなると腰へ十分な栄養が
通わず腰痛が改善しにくくなります。

 

あと、もも裏の筋肉が固いと
骨盤を引っ張ってしまって
骨盤のズレてしまいます。

 

もも裏の筋肉が柔らかくなって
柔軟的に動いてくれると
立ったり歩いたりする時に
骨盤が動きやすくなって
腰部の筋肉への負担が
減っていきます。

 

だから、もも裏の筋肉を
柔らかくしていくことが
重要なんですね。

ももの裏のセルフケアとは?

床か椅子に座って頂いて
テニスボールをもも裏に置きます。

 

もも裏の筋肉に当てながら
ちょっとこたえるなぁ~と
感じるところで止めて
リラックスします。

 

テレビや本を読みながら
やってもらっても構いません。

 

すると、
足の重さでテニスボールともも裏に
圧迫力が加わって
筋肉がほぐれていきます。

 

個人差があるので
筋肉が固い部分を確かめながら
行ってみて下さいね。

 

この時に体重を乗せるように
力を入れてしまうと
負担がかかり過ぎて
もも裏の筋肉が反発してしまうので
力を抜いて足をだら~んとして
リラックスする感じで
行って下さいね。

 

動作時の骨盤の引っ張りが
なくなってくるので
ぜひ、やってみて下さいね。

 

今日は以上です。

 

本日もブログを最後までご覧頂き
本当にありがとうございます。

 

では、次回もお楽しみに~☆

 

PS:腰痛でお悩みではありませんか?
↓↓↓↓