腰痛の意外な落とし穴!!

こんにちは!

 

広島から膝痛・腰痛をなくし

健康寿命を延ばす専門院

 

広島市西区中広の

【はぴねす鍼灸整骨院】

藤東です。

 

今日も
広島から腰痛をなくし
健康寿命を延ばす専門院の藤東

 

腰痛改善に有効な

「大胸筋のセルフケア」を

お伝えしていきたいと思います。

なぜ大胸筋を緩めるのか??

腰が痛くなると
姿勢が丸くなって
肩が前に出て大胸筋(胸の筋肉)が
固くなります。

 

大胸筋が固くなると
良い姿勢をしようとする時に
大胸筋が肩を前に引っ張ってしまって
姿勢を正す邪魔をしてしまいます。

 

その悪循環を防ぐために
大胸筋のセルフケアをやっていきます。

大胸筋のセルフケアの方法とは?

テニスボールを使用します。

 

緩めたい大胸筋と逆の手で
テニスボールを持ちます。

 

大胸筋は鎖骨の下の部分になるので
そこをテニスボールで
コロコロコロコロしていきます。

 

これだけです!!笑。

 

なぜ反対の手でやるのかというと
同側でやってしまうと
大胸筋に力が入っている状態で
コロコロしてしまうので
筋肉が反発してしまいます。

 

すると、緩めたい筋肉が逆に
固くなってしまうからです。

 

なので、
必ず反対の手で行って下さいね。

 

今日は以上です。

 

本日もブログを最後までご覧頂き
本当にありがとうございます。

 

では、次回もお楽しみに~☆

 

PS:腰痛でお悩みではありませんか?
↓↓↓↓