お尻の筋肉を柔らかくする方法とは?

こんにちは!

 

広島から膝痛・腰痛をなくし

健康寿命を延ばす専門院

 

広島市西区中広の

【はぴねす鍼灸整骨院】

藤東です。

 

今日も
広島から腰痛をなくし
健康寿命を延ばす専門院の藤東

 

腰痛改善に有効な

「お尻のセルフケア」を

お伝えしていきたいと思います。

お尻のセルフケアって??

腰痛で整体に行くと
「お尻の筋肉固いですね」と
よく言われると思いますが
そのお尻の筋肉を緩める
自宅でできるセルフケアを
やっていきたいと思います。

 

今回は
「テニスボール」を使って
セルフケアをしていきます。

 

テニスボールの柔らかさが
すごく良いです。

 

ゴルフボールとか
硬式の野球ボールとか
軟式の野球ボールとか
いろいろありますが…

 

「テニスボール」がいいです。

 

筋肉に押し当てる時に凄くタッチが
柔らかくて筋肉が緩みやすいので
使ってみて下さいね。

 

まず、お尻の筋肉の外側の
少し凹んでいるところに
ボールを当てます。

 

ボールを当ててみて
グリグリして痛い部分は
「骨」になるので
少し外側にずらして下さいね。

 

膝を90°に曲げて横になって
ボールの上にお尻を乗せて
自分で押し付けるのではなく
軽く乗ります。

 

この状態から
ゆっくり膝を外側に
倒していきます。

 

すると
足を外側に開いた時に
ボールがお尻に当たる
感じがあると思います。

 

この時に
反対のお尻が浮かないように
気をつけて下さいね。

 

体重をかけすぎると
痛くてお尻に力が入ってしまうので
反対のお尻は床につけたままに
して下さいね。

 

無理をせずに
足を開けるところまでで
大丈夫です。

 

足を開くときも
力を抜いてできるくらいが
ベストですね。

 

すごくお尻が固い方は
ボールに乗るだけで
結構効くと思うので
無理をしないで下さいね。

 

くれぐれも
無理はしないで下さいね。

お尻のセルフケアするとどうなるの?

お尻の周りには
太い血管や神経が通っていて
お尻の筋肉が固くなると
その血管や神経を
圧迫してしまいます。

 

お尻を緩めて
血管や神経の圧迫を
取り除くことによって
腰への血流が良くなり
足のシビレなどが
改善されていくので
ぜひ、このセルフケアを
やってみて下さいね。

 

今日は以上です。

 

本日もブログを最後までご覧頂き
本当にありがとうございます。

 

では、次回もお楽しみに~☆

 

PS:腰痛でお悩みではありませんか?
↓↓↓↓