熱中症対策の4つのポイントとは?その③

おはようございます。

 

広島から膝痛・腰痛をなくし

健康寿命を延ばす専門院

 

広島市西区中広の

【はぴねす鍼灸整骨院】

藤東です。

 

今日も
広島から腰痛をなくし
健康寿命を延ばす専門院の藤東

 

『熱中症対策に必要な4つの栄養素』の
3つ目をお伝えしていきたいと思います。

塩分・ミネラル・クエン酸を摂ろう

熱中症で失われやすい塩分やミネラルを、
最も効率よく摂れる食べ物は、
日本人にとって馴染みのある
「梅干し」です。

 

梅に多く含まれているミネラルと、
漬ける時に使う塩が合わさり、
熱中症対策にもってこいの食品と
なっています。

 

梅干しにはクエン酸も多く含まれているので
(梅干しがすっぱいのはクエン酸)、
疲労の原因となる乳酸の発生を抑えて
疲労回復を促進します。

 

夏バテにも効くので、
日頃から摂取しておきたい栄養素ですね。

 

今日は以上です。

 

本日も最後までご覧頂き
本当にありがとうございます。

 

では、また次回もお楽しみに~☆