熱中症対策の4つのポイントとは?その①

おはようございます。

 

広島から膝痛・腰痛をなくし

健康寿命を延ばす専門院

 

広島市西区中広の

【はぴねす鍼灸整骨院】

藤東です。

 

今日も
広島から腰痛をなくし
健康寿命を延ばす専門院の藤東

 

『熱中症対策に必要な4つの栄養素』の
1つ目をお伝えしていきたいと思います。

熱中症は水分補給だけでいいの?

熱中症対策と言えば…
「水分補給」ですよね!!

 

こまめに水分を摂って
汗で出ていった水分を補う。

 

手軽にできて負担にならない。
やっぱり手っ取り早いですよね!!

 

しかし、今回は水分だけじゃない!

熱中症を予防できる食べ物を
紹介していきたいと思います。

カリウムを摂ろう

カリウムは細胞の中に多く含まれていて
水分の維持する働きをしています。

 

カリウムが失われると
細胞の中が脱水症状になって
しまいます。

 

細胞の脱水症状は、
熱中症になった時に
臓器の機能障害が
起こる可能性があります。

 

また、日頃からカリウムを摂取することで、
筋肉の収縮を助けて、熱中症になった時の
回復力の手助けにもなるのでとても重要です。

どんな食べ物がいい?

ほうれん草・バナナ・じゃがいも
パセリ・そら豆などがあります。

 

その中でも
じゃがいもはカリウムが
特に多く含まれているので
たくさん食べましょう。

 

まだまだ暑い日が続くので
気を付けて下さいね。

 

今日は以上です。

 

本日も最後までご覧頂き
本当にありがとうございます。

 

では、また次回もお楽しみに~☆