痛みの原因とは?~骨格編~

前回の投稿で腰の構造について説明させて頂きましたが、

今回からそもそもの痛みの原因・メカニズムについて考えてみようと思います!

 

まずは私たちの身体の骨組み『骨格』について。

 

私たちの体は約200個の骨が互いに結合して、
頭蓋骨、脊柱(せきちゅう)、胸郭(きょうかく)、骨盤(こつばん)、
上肢骨(じょうしこつ)、下肢骨(かしこつ)の骨格を形成しています。

胸郭と骨盤は、脊柱と下肢の骨の一部が骨格の構成に加わっています。

上の画像を見た通り、私たちの身体はたくさんの骨で形成されています。

骨は身体を支えてくれている他にも、いくつかの働きをしてくれています。

 

[骨の働き]
①頭や内臓を支え、身体の支柱となる支持作用
②いくつかの骨が集まり骨格を形成し、脳や内臓などの重要な器官をおさめ保護する保護作用
③付着している筋の収縮により、関節を支点として運動が行われる運動作用
④造血機能のある赤色骨髄において、赤血球、白血球、血小板が絶えず新生される造血作用
⑤カルシウム、リン、ナトリウム、カリウムなどの電解質が骨中に蓄えられ、
 必要に応じて骨から引き出されて、血流によって送り出される電解質の貯蔵作用

 

身体を支持してくれる支持作用の他に

どれもとても重要な働きをしていることが分かりますね!

 

では、この骨格の『バランスが崩れる』『ゆがみが起こる』これらが起こったらどんなことが考えられるでしょうか?

ゆがみが起きた際にどうなるか、5つの作用を元に考えてみると…

 

①身体のバランスが崩れ、支持できなくなる

②骨格のバランスが崩れ、内臓の位置が崩れ機能が低下する

③骨格が崩れ、付着した筋がバランスを整えるためにカバーし合い通常より大きな負担がかかる

④骨の歪みがあるために、正常に造血できない

⑤神経の伝達、筋肉の収縮、骨や歯をつくる、血液を固めるなど、重要な働きをしてくれる電解質がうまく貯蔵されない

 

これらのことが起きてしまいます。

骨格のバランスが崩れると…

 

『身体のすべての機能が低下し、身体に異常(痛みや病気など)が起こってしまう』(上の画像参照)

 

身体のバランス・骨格のバランスがどれだけ大切かお分かりいただけたでしょうか?

 

では骨格のバランスをどうすれば保てるのか。

次回のブログでお話させて頂きます!