腰の構造

私たちの姿勢を維持しているものの中心となっているのが脊椎(背骨)です。

この脊椎(背骨)から数多くの骨格が広がり、身体を構成しています。

脊椎は24個の骨(椎骨)の結合体で、その間に『椎間板』と呼ばれる衝撃を吸収するためのクッションの役割をするものがあります。腰の構造も、この脊椎の一部になっています。

 

脊椎は横から見ると、緩やかなS字のカーブを描いています。

 

脊椎は、上から、少し前方に緩く曲がった7個の頚椎、背中の反りを作り出す、後方に緩やかに曲がる12個の胸椎、背中の反りとバランスをとる、前方に緩やかに曲がる5個の腰椎仙骨尾骨で形成されています。

 

脊椎は小さな24個の椎骨の集合体ですが、骨同士がそのまま連結していたのでは、やがて削れてとんでもない痛みが出てしまいます。歩いたときに足から受ける衝撃も、そのまま頭の先まで伝わってしまいます。そのため、1つ1つの椎骨の間には、椎間板があります。椎間板が脊椎にかかる負担を吸収して、分散するクッションのような働きをしています。

 

二段構造になっている椎間板は、中心部分に髄核という柔らかい組織があり、髄核を包み込むようにして繊維輪軟骨という軟骨組織から成り立っています。

ご来院される患者様で一番多い症例が腰痛ですが、その中腰痛の中でも比較的症例の多い椎間板ヘルニアは、この椎間板の繊維輪軟骨が破れて中心の髄核が外に飛び出すことから起こります。

 

腰の痛みやヘルニアがなぜ発症するのでしょうか?

そもそもの痛みの原因とは?

基本的な身体のつくりをお伝えします!